津軽三味線上達の極意

洋楽器と和楽器では覚え方が異なります。
洋楽器では譜面を使いますが、和楽器では「見る」「聞く」「口ずさむ」いわゆる唱歌(口頭伝承)という方法で覚えていきます。邦楽の世界ではこの覚え方が主流でしたが、今は三味線用に「三線譜」というものができ、覚えやすくなりました。

現在の三味線を覚える方法

「津軽三味線 澤田勝春」の教室に通われる生徒さんたちが実践している覚え方は、様々です。
・楽譜を独自に書き留め、頭の中で整理し、確認しながら覚えていく方。
・録画し、先生がいつも目の前で弾いているような感じで練習し覚える方。
・録音し、音のみを聞き込んで覚えてくる方。
はじめての方には、録画できるものを持って来ていただくことを進めています。オススメです。

ですがやはり練習!できれば毎日がベスト!

例えば、週に一度、7時間練習するよりは、毎日1時間の方が確実に上達します。しかし毎日はなかなか練習できないのも現実です。そこで、あまり細かく予定を立てず時間は短くとも多くの回数、練習を行うよう心がけるだけで格段に効率が上がります。そのため重要なポイントは、「楽器を仕舞い込まない」ことです。長ケースに胴袋だけでしまい、すぐに出せるようにして終わればすぐ片付ける。この繰り返しで楽器に触れる回数を増やすことができます。さらには合成皮の練習用を用意して、楽器をいつも出しておくことができれば、習い始めの段階では曲の覚えが早くなるでしょう。

こば式しのび駒を用意しておけば自宅で音を気にせず練習できますから、夜など音が出せない環境の方は、お勧めします。

何を練習するか?

もちろん今習っている曲ですが、それだけでなく、以前に覚えた曲を練習するのも重要です。
津軽三味線は、構造上音程が不安定な楽器です。曲の中で安定的に音程を出すのは難しく、繰り返しの練習しかありません。正確な音をすべて完璧に出すのがひとつの目標で、そのためには予習と復習が大切です。この予習と復習を守って練習すれば上達は早いでしょう。

津軽三味線のルーツを知ろう

津軽三味線のルーツは瞽女(ごぜ)に始まります。

瞽女とは、明治、大正時代から昭和の初め頃まで、新潟県や北陸地方を中心に活躍した盲目の女旅芸人で、一座を組み、唄や三味線、語りを生業として地方の山村を巡演し生活の糧を得ていたとされています。テレビやラジオなどが普及していなかった時代ですから、特に豪雪地帯では最大の娯楽として歓迎され、鍛え抜かれた芸に惜しみない賛辞が贈られました。
今はテレビ、ラジオで津軽三味線を耳にすることが多くなりましたが、貧困の時代に負けるものかというジョッパリ精神(意地を張る、頑張る)から生まれた唄の伴奏が発展したものです。「イントロ」の部分が人それぞれによって異なる演奏をしていたため、いつしか津軽三味線の独奏と変化していきました。今ではテクニックを競って演奏をしていますがそもそも苦境から生まれたまさに名曲なのです。