澤田勝春 活動の記録

演奏家 澤田勝春 イベント報告です!
一部のみの掲載ですが、依頼されるときの参考にしてください

→ 澤田勝春 演奏依頼プラン


No.23

勝春会おさらい会

2017年11月12日 小松川区民会館
二年に一度の発表会。椅子の数(下記写真)以上の出演者。表舞台も裏側の出番待ちもとてもにぎやかですが、いつもと違う空気感、緊張感が感じられます。
プログラム第一部の最後の唄は春菜先生の大東京音頭ですが、予想以上にはやく始まりました。
音頭に合わせ色とりどりの着物姿の女の子たちが踊り出し、客席のお客様も夢中で踊り出しました。その姿に気付き、周りの方々の「楽しくてしょうがないっ!」といった感覚を肌で感じることができました。演奏者としてこの場の盛り上がりに参加することが、たまらなく好きになりました。
今回合同練習を何度も実施していただき、仲間の前でたくさん恥をかいた後の本番でしたので、やりきった感があります。逆に凹んで帰られた方もいたかもしれません。でも、練習の仕方を考え直す良い機会。発表会はとても勉強になります。
第二部では、澤田勝邦先生から「澤田流 技の秘密」を丁寧に説明していただきました。次回は「澤田流 小指の秘密」の真相が明らかに!まだまだたくさん秘密があるようです。楽しみですね。
→ 伝統津軽三味線を守る会 澤田勝邦事務所

PAGE TOP △


No.22

結婚式

2017年10月29日 東京 八芳園
結婚式とは特別な日!しかも新郎新婦の趣味は津軽三味線!
勝春会社中の仲間にとっても特別な結婚式です。
人生最良の日を迎える準備の中、お二人と先生が津軽三味線を練習する姿がありました。
晴れの舞台で「津軽三味線演奏家 澤田勝春」として演奏をさせていただくため、サウンドチェックを行い本番に備えます。
披露宴が始まり、広い空間に来賓者が揃われた環境では、より落ち着いた音色で響くようになり、音響担当者としてはひと安心。
演奏はほんのひとときですが、何物にも代え難い時間でありとても心に残るものに...。大切で忘れられない日のお手伝いができたかと思います。

今回の取材及び公開を了承していただきましたことを心より感謝申し上げますと共に、新郎新婦ご両人さまの末永いお幸せと、ご両家のご多幸とご繁栄をお祈りいたします。
津軽三味線 勝春会会主 澤田勝春

PAGE TOP △


No.21

澤田勝春コンサート 津軽三味線の世界

2017年10月01日 森町文化会館大ホール
定時開演。
緞帳は上がっているため、お客様の目線を感じながら袖からセンターにある椅子へ向かう勝春先生。とても長く感じます。
緊張感漂う中、津軽三味線の最初の一音が張り詰めた空気を揺らします。
津軽三味線という楽器は、激しく叩く奏法だけでなく、優しい音も出せるんです。聴き入ってしまって自分のきっかけを忘れるところでした。あぶない。
曲弾き(ソロ)を一回弾くだけで体力はそうとう消耗するはずですが、思っていた以上のお客様にご来場いただけたので、いつもより弾きまくり、いつもより長いおしゃべりに。
静岡のお客様には、大変感謝しております。また、お会いしましょう!

PAGE TOP △


No.20

ヴォール・ラーデン20周年記念祝賀会

2017年07月30日 フェリヴェールサンシャイン
早朝、澤田成十朗さんと澤田勝春先生、音響のメンバーで茨城県水戸市の会場へ向かいました。
本番前のやり取りや楽屋での掛け合い練習を見ていましたが、プロってやっぱり凄いっ!としか書けません。うまく言えません。
個人的な感想になりますが、成十朗さんの印象は、紳士な方!
津軽の迫力ある演奏に加え、とても繊細に、とても心地良く表現され、人柄が間違いなく音にも現れているように感じました。やはり生演奏を聴きに行って欲しいですし、聴きに来て欲しいです。先生方の演奏にお客様も聴き入っておられました。
音響担当としては、演奏者が本番中に求めていること、必要な部分、必要ではない部分が何なのか、気付くことができ、大変勉強させていただいた一日でした。

→ 澤田成十朗 プロフィール

PAGE TOP △


No.19

津軽三味線演奏家としての一日

2017年06月29日
単独でお仕事されている中のひとつに初めて同行させていただきました。早朝、入り時間に遅れないように出発です。
着いて早々打ち合わせ。内容の変更が伝えられ、いつも賑わっている楽屋の雰囲気とは違い、リハーサル直前まで黙々と指を動かします。
そして音合わせ。演奏者に向いている両サイドや足元にあるモニターから出る音を演奏家自信が聴きやすくなるよう指示を出します。立ち位置や出はけ、演奏するタイミングなど... 暗転中、楽器を持っての移動は特に気を使います。
楽屋へ戻り、紋付袴に着替え気を引き締めます。10分前には舞台袖へ。楽屋へ戻ってから本番直前までは集中力を高めていく様子が窺えました。
次回コンサートに来られた時は、本番前の緊張感ある様子を想像しながらご覧ください!

PAGE TOP △


No.18

総合病院 竣工祝賀会

2017年04月15日 IMSグループ医療法人社団明芳会 イムス東京葛飾総合病院
今年春オープン予定のイムス東京葛飾総合病院、立食形式の祝賀会です。
参加者の方々が入れ替わり立ち替わりものすごい勢いで名刺交換や挨拶が始まり、会話に花が咲いていきます。そんな中での演奏です。
出演者が、何処に、何に、集中し演奏するのか、経験してみないとわからないところなんだろうなと感じたのですが、どうだったのでしょう...
音色は会話していても耳に入ってきます。
『津軽三味線』が、『津軽民謡』が、少しでも印象に残り、また聴きたいなと思ってくだされば、こんな嬉しいことはありません。

PAGE TOP △


No.17

躍動する津軽三味線の巨匠 澤田勝秋の世界

2017年03月25日 東日本大震災復旧復興応援実行委員会 習志野文化ホール
澤田流家元とお弟子さん、総勢50名で じょんから旧節新節 を演奏してきました。リハーサルでは勝成先生の合図、本番は家元の合図で演奏しましたが、勝春先生とも違うそれぞれのタイミング。その少しの違いに戸惑い上手く繋げていくのにひと苦労。家元や先生方のゆっくりというスピードはとても速く感じられ、本番中はだんだん訳がわからなくなっていく自分と戦っていました。
勝春会のメンバーの中には、踊りでの出演もされていました。半端無い運動量なのに、息を切らさず踊りきる姿はとてもかっこいいんですよ。

PAGE TOP △


No.16

うかい鳥山 福寿草まつり

2017年02月25、26日 うかい鳥山
黄色い福寿草の花が咲くこの季節、うかい鳥山恒例のイベントに今年も呼んでいただきました。
今回は高橋キヌ子社中による秋田民謡の手踊りと、鬼太鼓座(おんでこざ)の和太鼓とのコラボでした。本場の秋田民謡に触れる機会はあまりないのですが、独特な秋田音頭のリズムやお囃子の違いなど、色々と勉強になりました。
やはり本場を知るって大事ですね。:春乃

PAGE TOP △


No.15

勝春会新年会

2017年01月29日 うかい鳥山 いろり炭火焼料理
年に一度、各教室の生徒さんたちが一斉に顔を合わせるのがこの新年会。席に着きすぐに余興開始!とても内容の濃い出し物ばかりでしたので、歓談する間はなくてもみなさん終始笑顔。一芸を身につければ、後に人を喜ばすことができるんですね。
教室に通う生徒さんたち全員が、いつの間にか曲が弾けるようになるんですから、勝春先生ってすごいっ!
...って、持ち上げて勝春会をどんどん盛り上げていきましょう!
最後に、幸せな報告が...。ここまで驚くことは後先ないのではないかというぐらい、びっっっくりされていた勝春先生。こちらも幸せな気持ちになりました。ショックな方も若干おりましたが...。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

PAGE TOP △


No.14

慶友病院 津軽三味線コンサート

2017年01月14、21日 よみうりランド慶友病院青梅慶友病院
今回、演奏すること以外に、音響機材を持参してのコンサート。初めてのことが多かったよみうりランド慶友病院では、音が出せたら良しとしてしまったところがありましたが、演奏力、歌唱力のおかげでお客様には喜んでいただけたようです。
PA担当として「これはいかん!」と、帰ってからお勉強...。青梅慶友病院では、しっかりサウンドチェックができる状態に持っていくことができました。本番中、瞬時に対応しなくてはならないハプニングが、それぞれにあり、それぞれが大変勉強になった二日間だったと思います。今後も精進、頑張ります!

PAGE TOP △


No.13

澤田会新年会

2017年01月15日 中野サンプラザ
家元の新年会に参加してきました。ご家族や孫弟子の方もたくさん参加されており気兼ねなく楽しめる新年会です。余興が始まると、勝春先生のライヴですか?と思うぐらい弾かれていました。(頼りにされる存在なのか、誰も三味線を持ってこなかったからなのか、定かではありません...)プロばかりの集団ですから、ディナーショーのような特別感がありました。いつもニコニコしている家元ですが、愛弟子の演奏中、厳しい表情で耳を傾けている姿がとても印象に残りました。

PAGE TOP △