津軽三味線 活動の記録

2016年に行われた活動報告です!すべてを掲載することは難しく一部ですが、ご覧になって頂き活動の場を広げられたらと思います。


No.12

忘年会

今年の疲れを癒すことはできましたか?良いことありました!落込むこともありました...が、成長できたかも...です。心も大掃除して来年新しい気持ちで頑張りましょう!


→こちらから、Insta360Nanoへアップされた写真がご覧になれます。

外部Link先の操作方法
「Fisheye(初期設定_魚眼レンズモード)」のところを触ると見え方が変更できます。【魚眼レンズモード“Fisheye”】【円形レンズモード“Planet”】【球体レンズモード“Ball”】【通常モード“Normal”】
変更後、縦方向横方向動かしたり、今の画面より引いたり近づけたりすることもできるので、色々試して見てください。

PAGE TOP △


No.11 1/3

真木柚布子色のディナーショー前日

2016年10月31日、11月01日
 真木柚布子 Official Web Site
真木さんのディナーショー出演のため、前日の稽古と本番を見させていただきました。
演出内容を確認しつつ他の出演者と合わせていきます。急な録音、30秒間で。などの要求にも対応します。勝春先生は着流しを試着。三味線にストラップをつけての演奏です。他ではあまり見ない姿かもしれません。
演奏だけでなく、ラストはみんなで踊るようです...。

PAGE TOP △


No.10 2/3

ディナーショー本番前

2016年11月01日 ホテル椿山荘東京
会場準備の間、勝春会は、控え室で本番前の音合わせ中。
会場内は、すでにスモークが充満。明かりのラインを見せるためなんですが、きっとピントが合わない写真になるだろうなと...
見にくいところもありますが、雰囲気だけでも感じてください。
音チェックでは、納得する音になるまで時間を要しました。いい音で聴いてもらいたいですから、演奏者にとって一番妥協したくないところです。楽器そのものも湿度や温度で音色が変わっていきますが、スピーカーの置き位置や角度、お客さんがいるいないでも音の鳴りが変化しますので、同じ空間でも本番前と本番中では音色が変わったりします。最終的にはお客さんが喜んでくれればいいのですが、演奏者が少しでも気持ちよく弾ければやはり聴いている側も喜び倍増!です。

PAGE TOP △


No.09 3/3

ディナーショー本番

着物を着て三味線も用意して出番まで待ちます。家元は三味線を持って瞑想中。(本日家元誕生日)
幕前で澤田勝春先生の曲弾きから始まります。センターからピンスポットがフルで勝春先生を照らしているので、近距離、望遠レンズであっても私の腕ではまともに写りません。今回も撮影は断念。
一番観て欲しいところなのですが...。やはり足を運んでいただくしかなさそうです。
真木さんは様々なタイプの曲を唄われるのでメインステージの向かいに、ビッグバンド用のステージもあり、終始賑やかな公演内容でした。前日、踊りの練習は見ていなかったのですが振り付けされており、勝春会の皆さんはお客さんと一緒に楽しんでいました。

PAGE TOP △


No.08

ギネス世界記録更新

2016年10月22、23日 津軽三味線奏者1,911人大合奏ギネス世界記録更新!
日本郷土民謡協会主催 日本武道館にて
本番前日、1,200人でのリハーサル。
音合わせが始まると、全員が思っている速さはバラバラで、武道館の広い空間は音が何重にもうねるように響き渡り、どう合わせていいのか戸惑いましたが、大合奏での合わせ方や速くなった時の対処法などの説明があり、最後は全員が納得した感じに揃いました。
本番当日、一度練習してからスタンバイ。
ステージ側では、数人分の半纏が足りず、関係者は物凄い勢いで走り回りギリギリ間に合った感じでしたね。
本番はリハーサルより大人数の演奏になるので、演奏スピードが速くならないか心配していましたが、とてもまとまっていて良い感じに終えることができました。
このような大規模なイベントに参加できる機会は滅多にありませんので、今後もギネス更新をすることがあれば、是非挑戦を!大変ですけどおすすめです。

PAGE TOP △


No.07

女性だけの津軽三味線ミニライヴ

2016年10月01日 春菜会「津軽の響き!」イオンカルチャークラブ
イオン葛西店さんにお招きいただき30分の演奏です。
特別ゲストは民謡歌手の澤田勝智さん!
着物での演奏は気が引き締まります。
様々な年代の方々が足を止めてご覧になってくださいました。
演奏後には「すごい迫力だね〜」などなど、お褒めの言葉をいただきました。
こんな楽しい舞台にまた立てるよう頑張って練習しなくちゃなー。。。なんて思いました、が、帰宅後早々疲れ果て寝てしまう始末σ^_^;
最後に。。。
お手伝いくださった澤田勝智さん、いつ聴いてもステキな歌声、ありがとうございます。
会場目の前の本屋さんで静かに本を選んでいた方々、お騒がせしてすみません。
足を止めてご覧くださった皆様、温かい声援、拍手をありがとうございました。
:ひろみ

PAGE TOP △


No.06

澤田流発表会

2016年9月18日 ハーモニーホール座間
2年に1度の澤田会の発表会が行われました。勝春会は合奏での参加でしたが、オリジナル曲の「あけぼの」は会場の皆様に好評でした。
各会の合奏に続いて行われた恒例のコンクールには10名が参加し、津軽じょんから節の曲弾きを披露しました。優勝は澤田響紀さんです。スピードに乗りながらも細かい一音一音が綺麗に出ていて流石です。張り詰めた緊張感の中でも自分をコントロールして丁寧に弾くことの難しさを改めて感じましたが、練習を重ねて、少しでも近づきたいと思いました。
最後は皆様お待ちかねの家元とゲストのコーナーです。今回のゲストは民謡歌手の福士あきみさんと手踊りの尾原家万次郎女先生でした。家元の味わいある三味線は何度聴いても飽きません。プロの舞台をスマホに納めたところで発表会の幕は下されました。また再来年、たくさんのメンバーと賑やかに参加できればと思います。参加された皆様、お疲れ様でした。:春乃

PAGE TOP △


No.05

公所浅間神社例大祭

2016年9月11日 「民謡のしらべ」公所浅間神社
余興が始まる直前まで不安定な天気でしたが予報通り雨は止み、暑さや虫を気にすることなく観ることができました。フラッと寄ってみた地元の人や走り回る子どもたちで境内は賑わいました。
「目標、憧れの的」になるような方ばかりが出演されており、こんな贅沢すぎるお祭りがあっていいのかと、驚きました。
三味線って弾く人によって全く違うものになるんですね。(細かい説明は省きますが)好きな三味線奏者を見つけるのも大事なことかもしれません。私ですか?やっと見つけましたよ。終わってみれば2時間の余興。来年行ける方は是非!

PAGE TOP △


No.04

夏の夜の津軽三味線コンサート

2016年8月24日 ギャラクシティ西荒井文化ホール
 (YouTube) Galaxcity Summer Night Concert Vol.4
今回、舞台裏から拝見。スタッフさんとの打ち合わせなど淡々とことが進む中、舞台上と客席をウロウロ。客席奥まで綺麗に音が響いていましたので、ご来場のお客さんはどの席に座っても満足されたのではないでしょうか?本番直前、袖にスタンバイする姿は緊張が走ります。舞台裏特集なんかもいずれ機会がありましたら。澤田勝春主催コンサートは初めてだったんですが...ファンになってしまった!かも?素敵なコンサートでしたね。

PAGE TOP △


No.03

屋形船での懇親会

2016年7月24日18:00浅草から出航
初めて家元をお迎えしての屋形船。家元 澤田勝秋 にお会いするのは初めての人も多く、最初はみんな緊張していましたが、家元の飾らないお人柄であっという間に船内は和やかムードに。美味しい料理とお酒に会話も弾みます。
家元の三味線と唄に触れ、忘れられない貴重な夜となりました。
私もいつか、力強く、だけど自然体で深みのある三味線が弾けるようになりたいと思うのでした、マル:大塚

PAGE TOP △


No.02

津軽三味線金木大会団体優勝

2016年5月4、5日 津軽三味線金木大会
津軽三味線発祥之地 五所川原市金木町で行われた全日本金木大会に個人4名、団体12名で参加しました。
お客さんが舞台からよく見える会場。個人で挑んだ方々、その勇気に感心します!
練習を重ねるうちに、優勝しなくては!という周りの雰囲気にのまれ、幾度となく変更されても必死についていき、なんとか本番。先生の声を頼りに、あとは流れに任せ...弾き終わった後の拍手がよく聞こえました。12人の音を揃えることがとても難しく感じました。
津軽三味線会館には澤田勝春先生が優勝した時の写真が飾ってあります。お立ち寄りの際は是非ご覧ください!:末谷

PAGE TOP △


No.01

新年会

2016年2月7日 とうふ屋うかい
毎年恒例の新年会。今年は、東京タワーの真下にある日本料理店『東京 芝 とうふ屋うかい』さんで行われました。手入れの行き届いた日本庭園に囲まれた、すてきなお店です。この日は勝春会のほとんどの生徒さんが集まりました。初対面の人が多い中、おいしいお酒と料理のおかげですぐに会話に花が咲きます。豪華景品が当たる抽選会や、三味線・唄・踊りの披露...、と勝春会ならではの盛り上がりを見せました。最後はお決まりの記念撮影。今年1年、皆でおけいこ頑張りましょう!:関口

PAGE TOP △