津軽三味線の名取

皆さんは、伝統芸能関係でよく聞く名取(なとり)をご存知でしょうか?
名取そのものを知らない方のために、実際に名取の方に聞いたり、聞きかじったことなどを含め、理解できたところをご紹介したいと思います。

(下記に記したことが全てではありません...。)

名取とは?

流派の名と、師匠の名のひと文字を受け継いだ三味線奏者を名取と言います。
誰もがなれるわけではなく、一人前としての実力が備わったと認められた人にしか与えられません。本名以外に名前を持ち、その名で仕事ができるのです。

例:澤田勝春先生の場合

津軽三味線の流派は「澤田」、師匠の名は「勝秋」。勝秋先生は、「勝」という字をお弟子さんにのれん分けしているので、勝秋先生の弟子の名前には、必ず「勝」が入ります。
続いて、勝春先生のお弟子さんが名取になった場合、のれん分けされた「勝」以外の一字をお弟子さんに託していきます。つまり「春」という字をのれん分けするのです。
春菜先生は、勝春先生のお弟子さんで名取になりました。
なので、澤田流の「澤田」と勝春先生の「春」を取り、「澤田春菜」と命名。春菜先生のお弟子さんが名取になるときは、春以外の一字「菜」という字をのれん分けしていく訳です。

このように名前を見ただけで、どこの流派でどこに弟子入りしたかがすぐにわかるのです。
名前を引き継ぎ、次へ繋げていく...
なんか「かっこいい」と思いませんか?!

名取になりたい理由

・芸名を名乗って活動したいから。
・芸名があったほうが活動しやすいから。
・津軽三味線の先生になりたいから。
・ボランティア活動がしたいから。
・恩師の名を受け継ぎたいから。
・上手になるための手段になるから。
・自分の実力を試してみたいから。

自分がどこまでできるのか、挑戦し、練習に励み、名取になるまでの過程を純粋に楽しまれる方。
名取になることは通過点で、芸名を名乗ることができてからの今後をプロとして考えている方。
もっと違う視点で考えている方もいらっしゃると思いますが、合格した時の達成感は素晴らしいものでしょうね。

名取の試験

津軽三味線の名取を取得するには、レベルに合わせた試験がいくつかあります。初伝、中伝、奥伝...
年に一度、家元の前で実技試験を受けるのです。
試験内容や料金などの詳細は、ここでは省略します。

合格し、名取になると決めたら、家元や恩師らと盃を交わします。澤田流を強固なものにしていくためのお酒を酌み交わす、お祝い行事です。
そして、澤田流名取の先輩方とお揃いの着物を仕立て、所属している会の発表会などでお披露目です。

名取になったら、正直、何かとお金がかかってくるのは事実なようです。個々の生活スタイルなど、色々と考えなくては...という方もいらっしゃると思います。聞いてみることはただですから興味のある方は、先生や名取の方、現在試験を受けている方に聞いてみましょう。
名取名を持たなくてももちろん活動できますが、あるとないでは雲泥の差があるようにも思います。自覚も出てきますし、意識も変わってくるはずです。これまでとは違う姿勢で津軽三味線と向き合うことになるでしょうね。

→諸先輩の演奏活動(各会以外での個々人の演奏活動を記録しています)