生徒さんの声

なぜ習い事に津軽三味線を選んだのか、始める前や始めた直後によく聞かれませんでしたか?年数が経つほど聞かれることも少なくなり あえて聞くこともなくなりますが... 様々な舞台経験をされてきたお話なども含め これから習ってみようという方に向け 現在生徒である方たちの声をご紹介します。

広瀬 智恵(40代女性、千葉県在住)

津軽三味線の音色と見た目の格好良さに興味津々で飛び付いたものの、初めは全然民謡を知らない状態というかむしろ好きではない方だったのですが習っているとどんどんハマっていきます。
歌詞を聞いているとその地に訪れてみたくなって実際に行ってみたりもする位満喫させてもらっています。
主婦で子持ちなので練習時間を工夫していますが、仕事とかで悩みとかがあっても日々の練習のお陰で集中しているうちに悩みも少しづつ軽減していくし曲を覚えた時の達成感がやみつきになります。
二人の息子の受験期にも知らずと役に立っていたようで、私の練習している姿を見て「今日は問題集何ページやって自分も頑張る」とよく対抗されました(笑)
集中出来なくてなかなか覚えられない曲とかをやっつけで叩き込んでしまうと忘れてしまうのが早いという失敗も、子供と共感して励ましあってお互いの道を切磋琢磨出来たのもこの習い事に出会えて良かったと思える一つです。
今迄茶道や華道等色々習って来ましたが和の習い事独特の行事が多いうえにその度にのし袋に何万も包むとかいう事も全くないので本当にありがたいです。
先輩方も皆さん親切でとにかく集まると和気あいあいで要らぬ心配せず純粋に楽しく通わせて頂いています。
所用と重なって稽古に行けなくなっても他の教室に振替ができ、サボリ癖も付きづらいのでオススメです。

匿名希望(20代、東京都在住)

2011年に発生した東日本大震災。
それまで東北を訪れたこともなく、知り合いもいなかったため何か接点を・・・と思い、被災地のボランティア活動に参加しました。そこで民謡に出合ったのが、津軽三味線を志したきっかけです。
東京に戻り津軽三味線教室を探し始めましたが、勝春先生の演奏を聴いた時の衝撃は忘れられません。
上手く言葉で表現できないのですが…
三味線と誠実に向き合った人にしか出せない音でした。
時々挫けそうになることもありますが、あの時の録音を聴くとまた一番最初のまっさらな気持ちに戻ることができます。
人見知り歴=年齢の私ですが、三味線を通して様々な年代、職種の方と出会い、社会勉強にもなっています。
これからも一生の趣味として三味線を続けていきたいです。

匿名希望(40代女性、東京都在住)

自分のために時間を使おう!と、漠然と何かを探し始めました。何がしたいのかもわからず半年が過ぎました。
旦那から「始めるとしたら何をやってみたい?」と突然聞かれ、「三味線!」と間をおくことなく答えた自分に驚き、三味線をやってみたいんだなと他人事のように探したのがきっかけです。
やっと見つけた教室は、津軽という名前がついていて、何だろう?と思いつつ見学しに行きました。勝春先生の教室に行ったのですが、やはり最初に驚くのは、音色です。やられました。予備知識もなく何もかも初心者でしたが、周りの助けもありなんとか続けられています。音楽は好きではない部類でしたので、今も知り合いは不思議がっています。

関口 友香(30代女性、千葉県在住)

私が津軽三味線をはじめたのは、33歳の時でした。
数あるお稽古ごとの中からなぜ三味線を選んだかというと...、何となく『かっこいい』。そんな単純な動機からです。
さっそく体験レッスンに行ってみたら、予想を超える三味線の迫力と音色の美しさにすっかりハマってしまいました。
三味線は単にたたくだけ...と思ったら大間違い!
確実にばちで弦をヒットさせ、きれいな音を出すことはとても難しいんです。
けれどその難しさもまた、三味線の面白さへと変わって、どんどん虜になっていきました。
勝春会には小学生からシニア世代まで、幅広い年代の生徒さんがいらっしゃいます。皆さんとても温かくて、新しく入会してもあっという間に輪の中にとけこめましたよ。
私にとって色んな方々と出会えたこともまた、三味線を習い始めて良かったなぁと思う点です。
これからも三味線を続けていって、いつか勝春先生のようにカッコよく弾けるようになりたいです!


PAGE TOP △