津軽三味線の持つ本質的伝統表現を将来的に継承するために活動しています。

文部科学省の指導により、国際交流基金での演奏活動やテレビ、ラジオ、舞台、多数のミュージシャンとの共演など、幅広く活躍中。信頼できる実績を持っている。

三味線に興味はありませんでした

小学生の時、民族楽器の演奏者たちが、学校教育の一環として演奏しに来てくれたことがきっかけで音楽に興味を持ちました。その中でも主旋律を奏でていた「ケーナ」という楽器がとても印象に残り、夢中になっていきました。
ケーナという楽器は、南米ペルー、ボリビアなどが発祥、アルゼンチン経由で日本に紹介された楽器です。日本でいう尺八のような縦笛。
この頃に活躍されていたケーナ奏者はアルゼンチンで主に活動していたため、スペイン語を習って、現地で修行しよう!と本気で思っていたほどのめり込んでいました。
一方、青森出身であった父親は、靴職人。
自宅の職場では常に民謡が流れている状態、民謡が生活の一部になっていました。

どこに進学するのか?という現実を突きつけられた時、両親は、音楽に夢中だった少年に「津軽三味線」を進めました。津軽三味線に全く興味は無かったのですが、近所にあった津軽三味線教室へ渋々体験しに行きました。
体験先では、一部屋に30人ぐらいのお弟子さんがおり、その部屋で順番にお稽古をしていました。
当時は年配の方々の間で流行っていた楽器、気が進まない中体験するわけですが、撥が当たらず即撃沈。
そんな中、あまり年も変わらない可愛い女の子のお稽古が始まりました。民謡に馴染みがあったため、何を弾いているのかすぐわかります。
「佐渡おけさを弾いてるっ!」
ショックと同時に悔しさが込み上げ、始めるつもりもなかった「津軽三味線」を始めることになりました。

略歴

1976年 中学一年の頃に津軽三味線をはじめる
1981年 津軽三味線最高峰 澤田勝秋氏門下に入る
1985年 澤田流津軽三味線名取免許取得
1986年 勝春会創立
1991年 NHK邦楽オーディション合格
1993年 青森県津軽三味線金木大会で仁太坊賞優勝
1997年 国際交流基金でアジア、ヨーロッパ、アメリカなど海外公演
2005年 財団法人郷土民謡協会講師資格免許取得
2010年 国際交流基金派遣コンサート「日本の民謡」東南アジア、南アジア公演
2012年 第24回津軽三味線全日本金木大会 団体の部 準優勝
2016年 第28回津軽三味線全日本金木大会 団体の部 優勝

→澤田勝春による曲弾きなどをYouTube動画でご覧いただけます。

弟子から見た演奏家 澤田勝春

津軽三味線といえば「曲弾き」です。
曲の前奏だったものが、弾き手自身の技をふんだんに取り入れる様になり、その技を競い合うようになり、それが独奏曲(ソロ)として成立したものです。
それをいつもアドリブで聴かせることのできる腕前があります。
また、民謡歌手の唄い方、長さや間の取り方など同じ曲でも「一人ひとり違う」ということをご存知でしょうか?
どの様に唄われるのかわからないものをどう合わせるのか?って思いますよね。
それを本番で合わせる事ができる力を持っています。
演奏家の中でも「唄付」ができる方は少なくなってきたと言われる技能を持っています。
公演に来ていただいたお客様にもなかなか伝わらない事かと思います。何度もステージに足を運び、改めて知る凄さです。

ステージで披露されないこと

技術、技能の確かさは、上記の通りですが、レパートリーの多さにもとても圧巻させられます。
私は、澤田勝春を師として現在学んでいます。
次に習ってみたい民謡曲を希望したりすることも多々あるのですが、すぐに弾いていただけます。しかも「弾き語り」で。つまり唄いながら弾いて頂ける訳です。
全国の民謡曲は、ほぼ頭に入っているのではないでしょうか。もちろんド忘れしたり、なんてことも稀にありますが、すぐに思い出し引き始めます。
一体どんな経験を積んだらこうなるのだろう?と、尊敬の念を抱いております。

学校で演奏してくれたことがきっかけで音楽が好きになった現在、そんな子供達を増やしていけたらと思います。
→演奏の依頼を承っております。いつでもご依頼ください!

 

PAGE TOP △