津軽三味線の持つ本質的伝統表現を将来的に継承するために活動しています。

文部科学省の指導により、国際交流基金での演奏活動やテレビ、ラジオ、舞台、多数のミュージシャンとの共演など、幅広く活躍中。信頼できる実績を持っている。

演奏家としての澤田勝春

津軽三味線といえば「曲弾き」です。
曲の前奏だったものが、弾き手自身の技をふんだんに取り入れる様になり、その技を競い合うようになり、それが独奏曲(ソロ)として成立したものです。
それをいつもアドリブで聴かせることのできる腕前があります。
また、民謡歌手の唄い方、長さや間の取り方など同じ曲でも「一人ひとり違う」ということをご存知でしょうか?
どの様に唄われるのかわからないものをどう合わせるのか?って思いますよね。
それを本番で合わせる事ができる力を持っています。
演奏家の中でも「唄付」ができる方は少なくなってきたと言われる技能を持っています。
公演に来ていただいたお客様にもなかなか伝わらない事かと思います。何度もステージに足を運び、改めて知る凄さです。

ステージで披露されないこと

技術、技能の確かさは、上記の通りですが、レパートリーの多さにもとても圧巻させられます。
私は、澤田勝春を師として現在学んでいます。
次に習ってみたい民謡曲を希望したりすることも多々あるのですが、すぐに弾いていただけます。しかも「弾き語り」で。つまり唄いながら弾いて頂ける訳です。
全国の民謡曲は、ほぼ頭に入っているのではないでしょうか。もちろんド忘れしたり、なんてことも稀にありますが、すぐに思い出し引き始めます。
一体どんな経験を積んだらこうなるのだろう?と、尊敬の念を抱いております。

略歴

1976年 中学一年の頃に津軽三味線をはじめる
1981年 津軽三味線最高峰 澤田勝秋氏門下に入る
1985年 澤田流津軽三味線名取免許取得
1986年 勝春会創立
1991年 NHK邦楽オーディション合格
1993年 青森県津軽三味線金木大会で仁太坊賞優勝
1997年 国際交流基金でアジア、ヨーロッパ、アメリカなど海外公演
2005年 財団法人郷土民謡協会講師資格免許取得
2010年 国際交流基金派遣コンサート「日本の民謡」東南アジア、南アジア公演
2012年 第24回津軽三味線全日本金木大会 団体の部 準優勝
2016年 第28回津軽三味線全日本金木大会 団体の部 優勝

→演奏の依頼を承っております。こちらもご覧ください!

澤田勝春 写真・動画(曲弾きなど)

 

澤田勝春 曲弾き 必見、必聴です!
→ 演奏しに来てもらおう
 

コロッケものまね望郷じょんから
30周年記念(NHKホール)
 

コロッケものまね望郷じょんから
25周年記念(国際フォーラム)
 

助六さん
→ 真木柚布子 Web Site
 

ものまねグランプリ(2011年)
→ ツートン青木 Web Site
 

ミニコンサート(2010年)
→ 澤田勝秋 Web Site
 

じょんから女節
長山洋子(平成15年)
 

夢ひとつ
長山洋子(演歌15周年記念)
 

じょんから女節
長山洋子(オーケストラversion)
 

澤田勝春&Gロケッツ
→ Gロケッツ Web Site
 

恋の津軽十三湖
長山洋子(ミュージックフェア)
 

promotionVideo
澤田春菜先生です
 

勝春会準優勝
第24回 全日本金木大会
 


PAGE TOP △